スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク

本物のノウハウを無料で手に入れる方法

 『羽田式 エスプレッソアフィリエイト プログラム』

完全無料で公開されています。

http://yamato-asp.com/ad/348/47336


正直僕はこういう派手なプロモーション企画はあまり好きではありません。

こういう類の企画に登録しても、クドクドと遠まわしな表現で、思わせぶりな表現で、核心的な事は最後まで言わず、最終的にセールスする。

別にセールスが悪いと言っている訳ではありません。


プロダクトローンチという手法を使ったビジネスなのですから、セールスはあって当たり前です。

ただ、僕はそこまでの過程が気に入らないんです。


色々な動画を見ていても、結局内容がないというか、何を言いたいのかわからない・・・
どれだけ自分の商品が優れているのか?みたいな事しか言っていないんですよね。


最近はもう、こういうのには登録していなかったのですが、今回は僕の信用のおけるメンターが紹介していたので、登録して動画を見てみました。


これまでの動画は先程も書いたように、はっきり言って時間の無駄でした・・・


でも今回の動画は5分もしない内に食い入るように見ている自分がいました。


羽田さんの人間性、パッションがビンビン伝わってきたからです。

正直この動画を見るだけでも、見る人によっては覚醒してしまうと思います。

ビジネスの本質、人としての在り方・・・


「ネットビジネスには興味がない」

とか、そんな事言っている場合ではありません!


そんな事関係なしにこの動画は見るべきです!!!!!!!!


僕はこういうプロモーション企画を紹介する事は避けていました。

それは内容がくだらないからです。

自分が価値を感じないものを紹介しても、全く意味がないからです。
そもそも自分が価値を感じないものを紹介しても、その価値を伝えられないですからね。


適当な事を書いて紹介する事ももちろんできます。
しかし、そんな事は絶対にしたくない!!!



それは僕自身の価値も下げるし、紹介したあなたにも嫌な思いをさせてしまうからです。

僕もあなたも、そして更に言えば、情報を提供してくれている人も、全員が得をする、幸せになる、そんな価値を生み出していきたい。

そこにこそ、真の豊かさがあると僕は思っています。


だからこそ、今回は自信を持って紹介しています。


あなたがする事は名前とメールアドレスを登録するだけです。
もちろん無料です。

そして、年収5000万円を生み出した『羽田式 エスプレッソアフィリエイト プログラム』を完全無料で手に入れる事ができます。

嫌悪感を感じればいつでも登録解除が可能です。

あなたにリスクは一切ありません。


正直『羽田式 エスプレッソアフィリエイト プログラム』を受け取って、登録を解除する事も可能です。

ただ、いくら無料だからと言って、そういう精神性で登録をするのはやめてください。


羽田さんも、僕も、誠心誠意心を込めて全力で価値を提供しています。

であれば、まずはしっかりと真剣に動画を見て、羽田さんと向き合うというのが、人として当たり前の姿勢だと思います。


その上で、自分には必要ない、価値観が合わないと判断したなら、遠慮なく解除してください。


というか、そもそも最初からそういう精神性では、いくら優れたノウハウを手にしても絶対に成功する事はありません。

ですから最初から登録はしないでください。
するだけ無駄です。


そうではなくて、この僕の声に、そして羽田さんの情熱に、あなたが共感し、価値を感じたなら、今すぐに名前とメールアドレスを登録して、動画を見てください。

あなたがビジネスに興味があろうがなかろうが、確実に進化します。

下記のリンクをクリックして、すぐに名前とメールアドレスを登録してください。
http://yamato-asp.com/ad/348/47336スポンサードリンク
スポンサーサイト

心と体のバランスを取る方法part2

 どうも、佐藤です。


前回の記事では、


・心と体には密接な関係があるから、そのバランスを取る事が重要である。

・人間の意識の力は強力なので、必要悪という考え方で自分を許す事も必要である。

・納得する事で当たり前の基準が変わるので、バランスが取れるようになる。

・バランスの取り方は人それぞれ違う。


という内容でした。

参考記事
心と体のバランスを取る方法


今回はバランスを取る為には、具体的に何をすればいいのか?という事について書いていきます。

まず、一番重要なのは、『知る事』です。


人は知らない事に恐怖を感じます。


「死ぬ」とどうなるのかわからないから怖い訳です。

未来がどうなるかわからないから不安になる訳です。


食べ物に関しても同じです。

前回と同様、砂糖で例えると、

砂糖にはどんな害があるか、その詳細を知らないから怖い訳です。
「なんとなく体に悪いとは思っているけど、実際そんなやばいの?」と、半信半疑なんです。

知らないから迷うんですね。

体に悪そうだから控えようとしても、ちょっとくらいならいいんじゃないか?とか思ってしまう。
でもわからないから、恐る恐る、罪悪感を感じながら食べてしまう。


死ぬ事や未来は、実際に死んでしまうか、未来になるまではわかりません。

だから、恐れや不安はなくなる事はありません。


でも、食べ物に関しては、知る事ができます。

今は様々な事が解明されていますので、調べたらわかるんです。

自分で調べるか、あるいは人に聞くかすると、そのものについて知る事ができます。


知る事で何が変わるのか?と言えば、対策が立てれますよね。


例えば、砂糖ってこういうものなんだなと知る事ができれば、

・じゃあ、常食は控えよう
・でも、たまに遊びに行った時は食べてもいい事にしよう
・食べた次の日はデトックスに気を配ろう


こんな感じで対応策が考えられる訳です。


逆に知らなければ、ある種盲信的に信じるだけで、自分のしている事が正しいのかわからない。

頑なに否定したり、敵視したりして、自分を正当化しようとします。

でも、知らないから、どこかに不安を感じている訳ですね



だからこそ、知る事で解決できるんです。


対応策がイコール、バランスです。


先程挙げた例が、そのまま自分の心とのバランスの取り方になります。

知る事で、納得し、自分なりの付き合い方ができるんですね。


もちろん全てを完全に知る事はできません。


そもそも論として、食べ物単一の体との因果関係を証明するのは難しいんですね。

食べ方や食べ合わせ、人の生活スタイル等々、様々な要因があって、結果が現れますから、一概には証明できないわけです。


だから、正しいか正しくないかは自分で決めるしかないんです。

正しいという表現自体が間違っていて、自分が納得できるかどうかで考えるべきです。


ちなみに、僕が食について知っているのか?と聞かれれば、それほど詳しくはありません。

むしろ知らない部類だと思います。


それでも、僕が必要だと感じた事は調べるし、今の自分の知識を総動員して、納得できる選択をしています。

そうする事で、心とのバランスを保っています。

先程、砂糖の例で挙げたのは、僕の例でもあります。


砂糖は常食はしないし、コンビニなどで売っている市販のお菓子やジュースは基本的に、自ら買って食べる事はありません。
でも、どこかに出かけた時は、その土地の名物やソフトクリームも食べるし、ご飯を食べに行った時は出されたものは美味しく頂くし、お菓子などを頂いた時も美味しく頂く事にしています。

でも、食べ過ぎてしまったな、と感じる時は、少し食事制限をしたりして、デトックスを心がけます。



これが正しいのかはわかりませんが、僕はこうしてバランスを保っているんです。



もっと突き詰めて調べていく人は、砂糖なんて一切必要ない、という確信を持つ人もいます。

そういう人は砂糖は必要ないという事に納得し、一切摂らないという事が当たり前に感じられる訳です。

だから、一切摂らない事でバランスを保っています。



要するに、自分がどこで納得できるか?です。

納得する事で、心との折り合いをつける事ができます。




どこで納得するかっていうのは、人それぞれ違いますよね?

だから、バランスっていうのは、自分で選択して保っていくものなんですね。

他人には決められない。


心が苦しいと感じるならば、どちらかに偏っている証拠です。

なぜ苦しいのかを考え、必要な事を調べたり、実践したりして、ちょうど良いところを探してください。


ありがとうございました。





スポンサードリンク

心と体のバランスを取る方法

 どうも、佐藤です。


最近様々な方面で、食に関する関心が高まっていますね。

特に3.11以降、嫌でも関心が高まってきています。


食に関する関心が高まっているのはとても良い事だと感じていますが、その一方で気にしすぎちゃって身動きがとれなくなっている人達がいるのも事実です。

「あれはダメ」
「これも食べてはいけない」
「こんなもの食べてしまった」

こんな感じで、もうどうしたらいいのかわからない、みたいな人が結構います。


体の事を気遣って、気をつけるのはいいですが、そのせいで、苦しくなってしまっては本末転倒ですよね。

心と体のバランスを取る事が最も重要だと僕は考えています。


全てはバランス

今回はそんな話を書きたいと思います。


人間は、肉体と心でできています。

それともう一つ、魂という考え方があるのですが、今回は話がややこしくなるので、肉体と心という前提で話を進めていきます。


肉体というのは、食べ物でできています。

心というのは、考え方でできています。


つまり、何を考えていて、何を食べるか?でその人の「人となり」が出来上がります。


健全な精神は健全な肉体に宿る


という言葉がありますが、この2つは繋がっているんです。


食べ物だけでもダメだし、考え方だけでもダメ。

2つの要素がバランスを保って揃って初めて健全になれる訳です。


ここでいう健全の意味は、「幸せ」とか「豊かさ」という風に捉えてください。


どんなに素晴らしい考え方をしていても、食べ物が偏ってしまっては、体が悲鳴を挙げます。

体が悲鳴を挙げれば、心も弱ります。


逆にどんなに良いものを食べていても、考え方が偏っていては、心が苦しくなります。

心が苦しくなれば、体にサインが現れます。


このように心と体というのは、密接な繋がりを持っています。

だからこそ、どちらか一方ではなく、2つのバランスが重要なんですね。


体にとって良いものと、体にとって良くないもの、というのはたしかに存在します。

では、体にとって良くないものは一切摂らずに自分の生活から排除してしまえば、それでいいのかと言えば、そんな事もありません。

もちろん摂らないに越したことはありませんが、

『必要悪』によって心とのバランスが取れる事もあるからです。



人間の思う力、つまり意識というのはものすごいパワーがあるんですね。

想像妊娠という言葉を聞いた事があると思います。
あれはまさに人間の意識のパワーの成せる業です。

思っただけで、実際につわりがあり、お腹まで膨らんでくる訳です。


また、人間は思っただけで死ねる、という実例もあります。

これは、ある組織が1人の男を拘束し、「今からお前を殺してやる」と言って手首を切って、血が滴っていく中、出血多量で死んだというものですが、実際は手首を定規でなぞっただけなんです。

男は拘束されているので、自分の手が見れない訳です。

そして殺されると思って、手首を切られたと思い込んでいる。

組織の用意していた、血の滴る音が流れているので、男は完全に信じ込んでしまっています。

「やばい、切られた、血が流れている、死んでしまう」

そう思っていた結果、本当に死んでしまったんですね。

実際には何もされていないのに、思っただけで、です。


プラシーボ効果というのも聞いた事があると思います。

「良く効く薬です」と言って、ただの小麦粉を渡して、それを服用したら、実際に症状が治ったというものです。


このように人間の思う力というのは、体にも変化を及ぼします。


ですので、体にとって良くないものは摂らない、という事をしっかりとコミットできていない人が取り組むと、それはストレスになり、ストレスは心と体に影響を与えます。

あるいは、食べてしまったという罪悪感、これも心と体に影響を与えます。


例えば砂糖。

「甘いものは食べないぞ」と思っても、好きな人にとっては辛い事だと思います。
砂糖には依存性もありますからね。

食べれないストレスが体にサインとなって現れます。
また、心にもイライラなどの不安定な要素が現れます。

そして、我慢できずに食べてしまった時は「食べてしまった」罪悪感が襲ってきます。


同じものを食べていても、罪悪感を持って食べた時と感謝をして食べた時、どちらが体にとって良い影響があるかは、もう説明するまでもないと思います。


ネガティブな感情によって、返って悪影響を及ぼすくらいなら、自分のルールを設けて、食べても良いと許すという事も必要なんです。

ですので、必要悪と表現した訳です。


もちろん、体にとって良くないものですから、完全に摂らない方がいいに決まっています。

でもそれは、その「良くないもの」を知る事によって、完全に摂らないとコミットできた場合です。

コミット=納得です

納得すれば、むしろ摂らない方が当たり前になります。

当たり前になれば、摂らない事でバランスが保たれます。


しかし、納得できていなければ、どこかで折り合いをつける必要があるんです。

どこかで折り合いをつける事によってバランスが保たれます。


その折り合いというのは、人それぞれ違うので、自分で決めるしかありません。

その為にはどうすれば良いのか?というのは、次回に書きたいと思います。

ありがとうございました。














スポンサードリンク

影響力とフォーカス

 どうも、佐藤です。


今日で10月も終わり、すっかり寒くなってきましたね。

あと2ヶ月で今年も終わりです。


「今年の目標今年の内に」(笑)

頑張っていきましょう!


さて、本題です。

今日のテーマは『影響力とフォーカス』についてです。

自分が直接、影響力を及ぼせる範囲と及ぼせない範囲があると思います。

そして、大概の人が、不思議な事に自分が直接影響力を及ぼせない事にフォーカスしてしまっているんです。


これはいわゆる『大衆』と呼ばれる人達で、もちろん僕もその一人です。

そして、恐らくあなたも・・・



自分が直接影響力を及ぼせない範囲、と言われても、ピンとこないかもしれません。


例えば、政治。

これは、あなたがいくら、こうした方がいいとか、これはダメだ、とか思っても、直接的には関われない訳です。

関われるとすれば、間接的に、です。

人を選ぶとか、賛成反対するとか、あなたの意見が直接反映される訳ではありません。

あなたが選んだ人達を介して、最終的にその人達が様々な事を決定していきます。


例えば、お金。

お金には「収入」と「支出」の2種類がありますが、多くの人は「収入」の方を気にします。

しかし、支出は『自分の選択の結果』ですから、コントロールできますが、収入はコントロールできないんですね。


これはお金の本質を考えればわかるのですが、

お金とは価値の対価です。


そして、価値というのは自分ではなく、相手が決めるものです。

だから、自分ではコントロールできないんですね。



と、このように、あなたが直接影響力を及ぼせない範囲を気にしてしまっているんです。


要するに、自分がコントロールできない部分にフォーカスしているんですね。


だから、上手くいかない。


例えば、できる事とできない事ではできない事にフォーカスします。

あるものとないものではないものフォーカスします。

満足と不満では不満の方にフォーカスします。


「できない理由」であったり、

「私にはあれがない、これがない」「もっとああだったら、こうだったら」であったり、

「あの人は何もしてくれない」「あの人はちっともわかってくれない」であったり、

そういった部分にフォーカスしています。


でも、これを、

「できる方法」であったり、

「私にはこれがある」「あんな事もできる」であったり、

「あの人はこんな事をしてくれた」「あの人は私の事を見てくれている」であったり、


そういった部分にフォーカスすれば、感謝の気持ちでいっぱいになるし、行動もできるようになります。


そして、行動すれば現実が変わります。


つまり、フォーカスを変えれば人生が変わるという事です。


・コントロールできる部分に目を向ける

・今あるものに目を向ける

・今できる事に目を向ける

・感謝できる事に目を向ける


これをするだけで、人生が変わるんだから、やるしかないですよね?

お金も掛からず、今この瞬間から、すぐにできます。


やらない理由が見つかりませんね。(笑)

あなたのフォーカスを変えてみてください。


ありがとうございました。







スポンサードリンク

最悪を想定して最善を創造する

 どうも、佐藤です。


今回は準備する事の大切さとその効果についてです。


『引き寄せの法則』というのを聞いた事があると思います。

この法則は引き寄せたい物事をイメージする、というものですね。

よりリアルに、鮮明にイメージをして、それがもう叶ったかのように行動する。


この引き寄せの法則は、
絶対の法則で、むしろ抗う方が難しいと思います。



ただ、この引き寄せの法則には罠があって、一朝一夕で身につけられるものではありませんし、イメージすればそれで良い、という勘違いもされています。


例えば、100万円稼いだ自分を引き寄せたいと思った時に、

①100万円稼いだ自分をイメージする

②100万円稼いだ事に感謝し、ワクワクする

③すでに100万円稼いだ自分のように行動する


一般的に知られている引き寄せの法則はこんな感じだと思います。


僕の場合は今にして思えば、②の感謝、ワクワクという事しかできていなかったと思います。


これは間違ってはいませんが、

「100万円稼いだ!やったー!わーい!」

と、頭がお花畑状態になっているだけ、とも言えます。





そもそも、100万円稼ぐ、というのをリアルにイメージできなければなりませんし、そうなるように行動もしなければいけません。

僕は引き寄せの法則を実践しようとした時は、感謝ワクワクだけで、これといった行動もせず、お花畑状態でした。


当然、一向に現実は変わりません。


行動は当たり前のようにしなければなりませんが、まずはイメージです。

よりリアルに、臨場感を持ったイメージです。

そこまでリアルにイメージできれば、当然「リスク」という側面も見えてくると思います。


今回の例で言えば、「100万円稼げなかった時」の事も想定しなければなりません。


この「100万円稼げなかった時」というのは、心配とは少し違うもので、リスク管理であり、

最悪を想定する

というものです。



光を知りたければ闇を知れ!って事です。


人は知らない事に恐怖を覚えます。

光しか知らなければ、闇がきた時に何が起こったのかわからない訳です。

闇を知らないから「これは闇だ」と認識できず、光がなくなっていくのを恐怖しながら立ちすくむしかないんです。


でも闇を知っていれば「これは闇だ」と認識できます。

そして闇を知っていれば、闇が来たときの準備ができます。どう対応したらいいのかもわかります。


予めリスクを想定して準備をしておけば、慌てずに対応できますよね。


だからこそ、最悪を想定して最善を創造するんです。

想定できる最悪の事態が起こった時の最善の対応策は何か?


これは決してネガティブなものではなく、むしろポジティブですよね?

どうすれば良くなるか?を考えている訳ですから前向きです。


これは簡単なようで、難しいと思います。

本当に臨場感を持ってイメージできなければ、リスクも見えてきませんからね。


正直なところ、僕もまだまだできているとは言えません。

なので、最初は「準備する」という事にフォーカスしてみてください。

これならできそうな気がしませんか?


物事を始める時や行動を起こす時は、準備できる事を準備する。

準備できていれば行動は早くなります。

行動が早くなれば、心が軽くなります。


それが好循環を生みます。


成功者はチャンスがやってきた時に、チャンスを掴めるように常に準備をしています。

『棚からぼた餅』ということわざがありますが、これは「思いがけない幸運が舞い込む事」の例えとして使われています。


しかし、これも準備をしていなければ、口にぼた餅は落ちてこない訳です。

どの棚にぼた餅があるのかを知らなければならないし、どの辺にぼた餅が落ちてくるのか予想しなければならない。

そして、口を開けて待っていなければ、餅は口に入ってこない訳です。


今回の内容をまとめると、準備をする事で、


・行動の速度を上げて、好循環を生み出す

・チャンスを掴める


これが準備の大切さとその効果です。

ありがとうございました。









スポンサードリンク
プロフィール

佐藤健司

Author:佐藤健司
情報リテラシーを高め、本質を捉える事によって視界が一気に広がりました。
僕が実践した、その具体的な方法をお伝えします。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。